chino’s blog

おもに米国株や日本株について書いていますので、よろしくお願いします。

米ISM製造業景況感指数を受けて米株反発‼️

 米ISM製造業景況感指数が2年ぶりの

        低水準より金利低下して米株反発‼️

 

    ニューヨークダウは31097(+321)ドル、ナスダック総合指数も11127(+99)ポイント、S&P500指数も3825(+39)ポイントです。

 

 米ISM製造業景況感指数が53と2年ぶりの低水準より、10年国債が2.8%に下がり金利低下から株高になりました。

 

 特にアップルが138(+2)ドルと切り返しています。

 

 逆にエヌビィデアは143.92ドルの安値を付けていますので、注目したいです。

米株ISM製造業PMI控え反落‼️

 30日の米株はISM製造業景況感指数

       の発表を控え反落です‼️

 

    景気悪化観測より、ニューヨークダウは30775(▲253)ドル、ナスダック総合指数も11028(▲149).の1.3%安、S&P500指数も3785(▲33)ポイントです。

 

 特にエヌビィデアが148ドルの安値を付けて151(▲3)ドルの2.4%安となりました。

 

 日本株もハイテク株中心に安そうです。

WTI原油が4日ぶり反落しダウ小幅高‼️

 WTI原油が4日ぶりに109ドルに反落

  ハイテク、消費関連が切り返す‼️

 

    ニューヨークダウは31029(+82)ドル、ナスダック総合指数は11177(▲3)ポイント、S&P500指数も3818(▲2)ポイントです。

 

 特にアップルが139(+1)ドル、アマゾンも108(+1)ドルでした。

 

 逆にエヌビィデアは151ドルの安値を付けて155(▲4)ドルで終わっていますので買いのタイミングを図りたいです。

 

 また、1日発表の米ISM製造業景況感指数が注目されています。

低調な景気指標受け米株続落‼️

 28日の米株は低調な住宅指標受け

  景気悪化観測より米株は続落です‼️

 

    ニューヨークダウは30946(▲491)ドル、ナスダック総合指数も11181(▲343)ポイント、S&P500指数も3821(▲78)ポイントです。

 

 低調な4月のケースシラー住宅指数や6月の米消費者景気信頼感指数より景気悪化観測が再燃しました。

 

 アップルが137(▲4)ドルと2.9%安、エヌビィデアも159(▲8)ドルの5.2%安、リビアンも26(▲1)ドルの5%安です。

 

 今日は日本市場も売られそうです。

持高調整より米株反落‼️

 27日の米株は前週の反動から

  持高調整の売りより反落‼️

 

    ニューヨークダウは31438(▲62)ドル、ナスダック総合指数も11524(▲83)ポイント、S&P500指数も3900(▲11)ポイントでした。

 

 アップルは141(+0)と小動き、テスラも734(▲2)ドル、エヌビィデアも168(▲2)ドルです。

 

 今週末の経済指標が控えていることや7/4の独立記念日の連休に向けて、ガソリン需給が逼迫する見通しより原油が109ドルに値上がりしたことが響いています。

FRBによる積極利上げ後退より大幅高‼️

 FRBによる積極利上げ後退の

  安値拾いより大幅高です‼️

 

    ニューヨークダウは2週間ぶりに31500(+823)ドル、ナスダック総合指数も11607(+375)ポイント、S&P500指数も3911(+116)ポイントでした。

 

 特にアップルが141(+3)ドルと2.4%高、エヌビィデアも171(+9)ドルの5%高としっかりした動きです。

 

 日本株も来週は、日経平均で累積出来高が多い26500円を突破できそうです。

  

原油安により金利低下して米株続伸‼️

 WTI原油が104ドルまで下がり

  10年国債利回り3.0%となって米株続伸‼️

 

    ニューヨークダウは30677(+194)ドル、ナスダック総合指数も11232(+179)ポイント、S&P500指数も3795(+35)ポイントです。

 

 特にアップルが138(+2)ドルと25日移動平均との乖離が5%を超えると過去の経験則より反発しています。

 

 逆に52週移動平均を下回りトレンドが下向きのエヌビィデアは162(▲1)ドルと軟調、同じくバークシャーも267(▲2)ドルとなっています。