chino’s blog

おもに米国株や日本株について書いていますので、よろしくお願いします。

 米国株は引き続きまちまちの動き‼️

 米国株は引き続きまちまち、日本株

  総裁選を前に小動きでした‼️

 

    ニューヨークダウは34869(+71)ドル、ナスダック総合指数は14969(▲77)ポイント、S&P500指数も4443(▲12)ポイントとまちまちです。

 

 その中でテスラが799ドルの戻り高値を付けました。また、土日休みがないという台湾セミコンダクター(TSM)が116.15(+0.51)ドルとしっかりでした。

 

 総裁選前の日経平均は、30260(▲8)円です。特にHISが2828円の高値更新となりましたので注目です。

24日の米国株はまちまちの動き‼️

 中国の恒大集団に対する警戒が解けて

  まちまちの動きになりました‼️

 

    ニューヨークダウは34798(+33)ドル、ナスダック総合指数は15047(▲4)ポイント、S&P500指数は4455(+6)としっかりです。

 

 特に営業支援のセールスフォースが285ドルと連日の高値更新です。

 

 日本株では、富士通が21200(+710)円と気を吐いています。

23日の米国株はリスクオンで続伸‼️

 23日の米国株は中国当局が対応に乗り出し

  リスクオンとなり続伸‼️

 

    ニューヨークダウは34764(+506)ドル、ナスダック総合指数も15052(+155)ポイント、S&P500指数も4448(+53)ポイントと続伸です。

 

 特にGAFAMが上昇して、画像処理半導体のエヌビィデアも224(+5)ドルと切り返しました。

 

 また、営業支援のセールスフォースが279ドルの新高値を付けましたので注目したいです。

FOMCを受けて米国株3指数とも上昇‼️

 22日の米国株はFOMCを受けて

  3指数揃って上昇となりました‼️

 

    FOMCを受けて11月よりテーパリング開始が決まり、悪材料出尽くしとなったようです。

 

 ニューヨークダウは34258(+338)ドル、ナスダック総合指数も15896(+150)ポイント、S&P500指数も4395(+41)ポイントでした。

 

 アップルを始めGAFAMが反発しました。リバウンドの動きが強まると思います。

 

 日経平均は200円安でしたが、休み明けの24日は買い戻しが強まり上昇するでしょう。

米国株は警戒解けずナスダック指数だけ切り返し‼️

  21日の米国株は警戒解けずナスダック総合指数

   だけ切り返しました‼️

 

    ニューヨークダウは33919(▲50)ドル、S&P500指数も4354(▲3)ポイント、ナスダック総合指数は14746(+32)ポイントと切り返しました。

 

 アルファベットが2780(+6)ドルなど、アマゾン以外のGAFAMが反発しています。

 

 日本株では、ベイカレントコンサルティングが63400円の新高値を付けた事は驚愕でした。

 

 FOMCを明日に控えて、様子見のようです。

恒大集団の経営危機リスクより株安連鎖‼️

 恒大集団の経営危機リスクより

  ニューヨークダウは一時1000ドル安に迫る‼️

 

    ニューヨークダウは33970(▲614)ドル、ナスダック総合指数も14713(▲330)ポイント、S&P500指数も4357(▲75)ポイントと下げています。

 

 中国不動産の恒大集団の経営危機リスクの高まりより、リスクオフの流れになりました。

 

 日本の先物も29465(▲2.4%)と下げていますが、上げの過程で空けている窓埋めをしそうなので、注目したいです。

 

 また、アメリカのFOMCにも注目したいです。

18日の米株は景気悪化懸念や中国恒大集団問題より続落‼️

 18日の米株は景気悪化懸念や

  中国の恒大集団問題より続落しています‼️

 

    ニューヨークダウは34584(▲166)ドル、ナスダック総合指数も15043(▲137)ポイント、S&P500指数も4432(▲40)ポイントと下げています。

 

 9月に入り米国株は一進一退で押し目買いが入りずらくなっていらようです。

 

 逆に日本株が新政権に対する期待で、しっかりした動きになっています。

 

 特にデジタルトランスフォーメーション関連のベイカレントが62100円(+4200)と史上最高値を更新しました。連休明けはどうなるか楽しみです。